AFP資格を失効し、一般会員に移行になりましたが、AFP資格の再認定はどのような方法がありますか? No.0800001

よくあるご質問 >  AFP資格の再認定 >  再認定要件 >  AFP資格を失効し、一般会員に移行になりましたが、AFP資格の再認定はどのような方法がありますか?

FAQ(AFP資格の再認定)

再認定要件

AFP資格を失効し、一般会員に移行になりましたが、AFP資格の再認定はどのような方法がありますか?

No.0800001

以下(1)~(4)のいずれかの要件を満たし、AFP資格再認定手続きを行うことで、AFP資格を復活することができます。


(1)継続教育単位を取得(一般会員移行日から2年以内の場合のみ)

一般会員移行日からの経過期間により必要単位数が異なります。

・一般会員移行日から1年以内の場合は22.5単位

・一般会員移行日から2年以内の場合は30単位


さらに取得課目の要件があり、以下7課目のうち必須課目を含めた3課目以上の取得が必要です。

・(必須)FP実務と倫理1単位以上

・金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフ・リタイアメントプランニング、リスクと保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計の中から2課目以上


(2)AFP登録審査試験に合格

2級FP技能検定と同等レベルの四肢択一式の試験で、受験料は8,800円(税込)です。

設問数は50問で、60%以上の正解で合格となります。

受験会場に設置されたパソコンに表示された問題に、マウスやキーボードを使って解答します。

不合格の場合は、試験実施期間中に3回まで受験できますが、都度受験料が発生します。

一般会員の方が合格された場合は、協会でAFP資格再認定手続きを行いますので、ご自身での手続きは不要です。

AFP資格の再認定日は、AFP登録審査試験の合格日が属する月の翌月1日になります。

詳細は以下よりご確認ください。


■AFP登録審査試験



(3)2級FP技能検定に合格

2級FP技能検定を受検し、合格(学科・実技とも)することでAFP認定者に復活することができます。

※すでに2級FP技能士を保有している方が2級FP技能検定を再受検する場合は学科試験の免除申請ができます。

※金融財政事情研究会の2級(または1級)FP技能検定試験の合格も対象です。


詳細は以下よりご確認ください。


■2級FP技能検定



(4)AFP認定研修を再受講・修了(1級・2級FP技能士保有者のみ)

技能検定合格者向けのコース(技能士課程)をおすすめしています。

AFP認定研修(技能士課程)は以下のページで確認できます。


■AFP認定研修(技能士課程)


※2級または1級FP技能士を保有していない方がAFP認定研修を再受講・修了してもAFP資格の再認定要件にはなりません。

以下のページをご参照ください。


■イラスト動画で解説

5分でわかる継続教育単位の取得方法

5分でわかるAFP資格再認定要件

5分でわかるAFP資格再認定手続き

■AFP再認定ルールの概要

他の人はこんな質問も見ています

お問い合わせ

日本FP協会に関するお問い合わせやご意見・ご感想などありましたら、お気軽にお問い合わせください。